PREDUからのお知らせ:WBSドロワー機能追加(v2.04:バージョンアップ機能)


WBS描画ツール:WBSドロワーに機能追加を行いました。

今回追加された機能は以下のとおりです。

  • WBSバージョンアップ機能

現バージョンをそのまま履歴に残した上で、有効なWBSを現行バージョンとしてメンテナンスしたい場合は、versionup ボタンをクリックします。

有効なタスクについて行削除を行った上で、upload ボタンをクリックすると、uploadではなくバージョンアップを行う必要があります。



動画ステップ
  1. サーバにログイン
  2. WBSのダウンロード
  3. Refreshボタンでガントチャートを描画
  4. Analyzeボタンでイナヅマ線のセット
  5. 行削除
  6. uploadのトライ (バージョンアップのメッセージ)
  7. 進捗率を更新し、3,4を再実行->イナヅマ線の再描画
  8. versionup ボタンでWBSをサーバに保管
プロジェクト管理の専門サイト PREDU はこちらから
 

コメント

このブログの人気の投稿

WBS描画ツール:WBSドロワーをクラウド化!