WBS描画ツール:WBSドロワーをクラウド化!

WBS描画ツール:WBSドロワーをクラウド化しました。

当ツールは、PREDUが提供するプロジェクト管理ツールの一部であり、これまで大規模プロジェクトを数多く支えてきた、実績十分のエクセルベースWBSツールです。

クラウド化することで、中身のデータはクラウドのデータベースにのみ存在、エクセルではメンテナンス、とプレゼンテーション(ガントチャートの描画と印刷)の役割のみを担います。

改めてクラウド化のメリットは以下のとおりです。

  • 複数プロジェクト、複数チームにわたる多数のWBSを効率的に管理
  • レポーティングの高速化
  • エクセルファイルが破壊された際の心配が無用に
  • その他メリットが一杯!
下記の動画にてイメージを掴んで頂けると思いますので、是非ご高覧ください!!


動画ステップ
  1. サーバにログイン
  2. WBSのダウンロード
  3. Refreshボタンでガントチャートを描画
  4. Analyzeボタンでイナヅマ線のセット
  5. 進捗率を更新し、3,4を再実行->イナヅマ線の再描画
  6. UploadボタンでWBSをサーバに保管

コメント

このブログの人気の投稿

"PREDU pmtools クラウド” のアップデート情報 :v3.00